ハクビシン駆除を自分で行なうために必要なこと

ハクビシンの特徴を知っておこう~人の家に住み着く理由とは~ ハクビシンの特徴を知っておこう~人の家に住み着く理由とは~

自分で捕獲したいなら~申請を行なっておこう~

ハクビシン駆除を自分で行なうのであれば、申請をすることが必須条件となります。この申請なしでは、ハクビシン駆除をすることはできません。また罠を使用するのであれば資格が必要となります。もし自分で捕獲するのは無理があると感じたら、ハクビシン駆除業者に頼るのも一つの手です。

ハクビシン駆除は勝手に捕獲すると犯罪になる

ハクビシン駆除は勝手にしてはいけません。鳥獣保護法によって多くの動物は守られています。これはハクビシンに限ったことではないのです。そのため、犬や猫、また鳩なども無闇に傷つけると罪に問われます。殺傷するのも当然やってはいけないのです。生態系の保存の観点から、多くの動物は許可なく殺してはいけないということを覚えておきましょう。

捕獲したいなら申請を出す

自分でハクビシン駆除をして捕獲しようと思っています。その場合何かすることはありますか?
ハクビシンを捕獲するには申請が必須条件となります。ハクビシンの捕獲作業を行なう際は、保健所や市役所などへ行き、有害鳥獣駆除の申請を行ってください。許可をしてもらうためには、被害状況や何のために捕獲するのか、また被害状況の写真なども必要となってくるので用意しておきましょう。書類を提出後、約1ヶ月くらいで許可がもらえます。

申請をしても捕獲するには免許が必要になる

ハクビシン駆除するために、いざ捕獲しようとなった場合、自分で行なう場合は大抵素手での捕獲となるでしょう。理由としては、ハクビシン駆除をするために必要な、国家資格を持っていないことにあります。狩猟免許を持っていないと、罠を使った捕獲をすることができないのです。いくら捕獲の許可をもらったからといっても、罠が使えないと捕獲は困難を極めることでしょう。しかも素手で捕獲しようとした際にケガをするリスクもあります。ハクビシン駆除は、自分で行なうよりも駆除業者に任せる方が安全です。

TOPボタン